英語をマスターするには、スクールに通学する、通信講座で学ぶ、ネット講座を受講する、独学で勉強するなどさまざまな方法があります。ここでは英語スクールを紹介します。各自の時間がゆるせばスクールで学ぶのが英語上達には最も早道でしょう。

語学学校はグローバル時代へのファーストステップです。語学学校は自分の将来の夢、目標−英語力アップ、正規留学、異文化体験、国際貢献、海外で暮らすなどを実現するためのコースです。誰でも一度は外国へ行ってみたい、住んでみたい。その夢を実現するために語学修得は大いに意義があります。近年は、海外旅行もリピーターが多く、英語を話すことに加えて異文化交流や異国での生活を楽しみます。特に資格も試験も必要とせず、誰でも気軽に語学学校を訪れることが出来るのは言うまでもありません。 語学修得は「語学力」・「国際ビジネス」・「留学体験」・「海外生活体験」などの目的があってのことでしょう。 語学学校で最も能率よく英語力を身につけるにはこれらの目標を設定したい。目的によってどの位、英語力をレベルアップするか、何のための英語力か等によって選ぶ学校・コースも決まり、また、それによって期間も2〜3週間、1〜3ケ月間、さらに6〜12ケ月間などと自ら決まります。

これまでのインタ−ナショナルスク−ル、アメリカンスク−ルに加えて近年は文部科学省が認定したバイリンガルスク−ルがあります。インタ−ナショナル・バイリンガルスク−ルは必ずしも英語ができる児童でなくても入学してから学習する機会がありますが、多くのアメリカンスク−ルは少なくとも英語での学習能力を必要としています。英語スクールは各種ありますから個人個人の学習目的と自己能力に応じた学校を選びましょう。

1)子ども英会話 2)一般英会話 3)幼・小学校 4)中・高校 5)海外旅行

1)子供英会話
最近一般化している幼少時からの始める英会話教室。

2)一般英会話
最近は各英会話学校が最新かつ独自の教授法を競う。

3)幼・小学校
幼小児からバイリンガル教育を受けることは、英語力・国際感覚と創造性を養う最短コース。

4)中・高校
英語を学び、将来海外の高等教育機関で学ぶ最有力な選択肢。

5)海外旅行
今はやりの海外旅行で通常使う実践的英会話を修得する。

2)一般英会話
最近は各英会話学校が最新かつ独自の教授法を競う。


海外大学・大学院・留学準備|海外大学・大学院・留学準備情報は留学・国際資格情報館